鈴鹿市 某工場 棟部改修工事

18.07.

 

 

 

ちょっとした風雨で雨漏れが発生するという事で

現場の棟包の上にカバー工法にて棟包を施工しました。

既存のエプロン面戸周りは全面シールをして、新設のエプロン面戸は斜辺シール。

台風でも雨漏れはなくなりました。

 

《使用商品》

〔自社金属曲加工:棟包

ガルバリウム鋼板 素地 GLP

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.08.31

    吊子工法
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP