松阪市 Y店舗様 T88ルーフ カバー工法

2015.11

 

■After

After

 

■Before

Before

 

古くなったT88ルーフの上から、カバー工法によりT88ルーフを葺きました。

既存の屋根はかなり錆てきていましたが、幸い下地は無事でしたので葺々タイトフレームという物を使用し、そのまま上から施工させて頂きました。

新しく施工した屋根材には、裏貼り材付のカラーガルバリウム鋼板を使用ました。

裏貼りを貼らないと、せっかく新しく屋根を施工しても結露による漏水の危険がありますのでご注意ください。

またパラペットの波板は、カラーガルバリウム鋼板の四ツ山角波に張り替えました。

さらに、以前はなかったのですが、長さが変わる取り合いのところは水上まで袴水切りを施工しました。

まるで新築のようにきれいになったと喜んでもらえました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.08.31

    吊子工法
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP