目地なしスパン 150 t0.5

新築工事で看板棟にミツイバウの目地なしスパン150が

採用されたので現場の写真を撮影してきました。

約二年前になりますが新たに成型機を導入し

働き150㎜で目地なしタイプの使用板厚は0.5㎜のスパンドレルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパンの形状を生かし今回は看板棟に採用されましたが

外壁はもちろん上裏など使用用途は広くあらゆる建物にマッチします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木目の鋼板も在庫としてあるので

内装でも使われることがあります。

施工後はビスも見えないためすっきりシンプルです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.08.31

    吊子工法
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP