重ね式折板88 改修

鈴鹿市にある工場で折板屋根の改修工事(重ね葺き)を行わせていただきました。

使用したタイトフレームは葺替金具ふきふきⅡ型を使用して

既存の屋根に新しい屋根を重ね葺きを行う工事です。

既存タイトフレームの剣先は錆びが発生しており漏水などが懸念されます。

今回使用した屋根材はミツイバウのT-88(重ね式折板)で

色はヨドコウ萠(きざし)シンプルグレーです。

仕上げにタイトフレームの剣先を錆びやボルトのゆるみなどを防ぐ

折板用ボルトキャップのサビヤーズを取り付けました。

サビヤーズはタイトフレームと中間ボルトのすべてに取り付けました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2020.08.31

    吊子工法
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP